最近では、幅広く活躍の場を広げているアーティストが多数誕生しています。
今回は、各業界から注目を集めている女性ソロアーティストを3組ご紹介します。

iri(イリ)

独特な感性を持つ彼女は、業界で注目を浴びる才能溢れるアーティストの一人です。
高校生の頃から音楽の道を志していた彼女は、部活動をしない代わりにボイストレーニングに励んでいました。
音楽活動を始めたのは、大学の頃のアルバイト先である老舗のジャズバーでの弾き語りライブでした。
2014年に雑誌「NYLON」とレコード会社「Sony Music」の合同オーディションでグランプリを獲得し、Hip Hop的リリックと彼女独特の歌声は、多くの人々を魅了しました。
形に囚われないジャンルレスな彼女の音楽は、多数の有名アーティストからも高い評価を得ています。
他にも、高級ブランド「Chole」「VALENTINO」のパーティーに招かれ、パフォーマンスを披露するなど、音楽業界意外の業界からも注目されています。

kiki vivi lily(キキヴィヴィリリィ)

一度聴いたら頭から離れない、中毒性のある楽曲を数々生み出している彼女は、福岡県出身のシンガーソングライターです。
3歳の頃からピアノを始め、音楽に触れ合って過ごしてきた彼女は、2011年にKBC放送のV3新人オーディションに出場したことをきっかけに、本格的な音楽活動を開始させました。
当時、「ゆり花」というアーティスト名で活動していましたが、2015年に現在のアーティスト名である「kiki vivi lily」に改名します。
チルなバックサウンドと独特な脱力感のある歌声は、多くのファンを魅了しました。
有名アーティストの作品などにも参加しており、様々な場面で活躍を遂げています。
彼女にしか作り出せない楽曲ばかりなので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

コレサワ

皆さんは、甘いラブストーリーを歌うシンガーソングライターのコレサワをご存知でしょうか?
彼女自身顔は公表しておらず、MVなどには通称「レコちゃん」と呼ばれる可愛らしいクマが出演しています。
彼女の代表曲である「タバコ」は、女性目線で書かれており、切なくメッセージ性のあるリリックに、多くの人が共感しました。
高校生の頃は、軽音楽部に所属しており、18歳以下が応募できるコンテストに出場し、準決勝まで勝ち残ったという過去があります。
昔からアーティストとして、音楽の才能があったのでしょうね。

気になるアーティストはいましたか?
3組とも素敵な楽曲をたくさん制作しているので、興味のある方はぜひ見てみてくださいね!

今は、SNSの進化により、色々な音楽がどこでも楽しめる時代ですよね♪
毎年、たくさんのアーティストが次々とデビューしています。
そこで今回は、2020年に活躍が期待されている注目の新人アーティストを楽曲と合わせてご紹介します。

『Wonderland』/iri

神奈川県逗子市出身である、シンガーソングライターのiri(イリ)は、高校生の時からボイストレーニングを始めて、アコースティックギターを独学で学んだりと、学生時代から音楽と向き合ってきました。
歌詞には言葉を巧みに取り入て、彼女の低温ボイスは聞く人の心を鷲掴みにするほどで、デビュー直後から多くの賞を受賞しました。
「Wonderland」という曲は、SONY WALKMANのCMソングに起用され、いつまでも聴いていたくなる1曲となっています。
ジャンルを問わない新人アーティストで、自由で独特なiriの世界観に注目を集めています。

『luv luv feat. Junoflo』/RIRI

群馬県出身のRIRIは小さい頃から、洋楽好きの母親の影響もありR&Bを聴いて育ちました。
オーディションの参加をきっかけに歌手であるAIと出会い、13歳で共同で楽曲を始め、数々の有名なプロデューサーと楽曲制作をし、2018年にメジャーデビューしました。
インディーズ時代からチャート1位を獲得し、人気を集めました。
韓国人ラッパーであるJunofloとのタッグを組んで生まれた「luv luv feat. Junoflo」は遠距離恋愛の歌で、LINEでのやり取りなど想いのもどかしさをが若い世代に共感できる楽曲で話題となっています。
日本人アーティストとして才能を発揮しているこRIRIは、これからにも期待が高まりす。

『ICBU』/向井太一

福岡県出身であるシンガーソングライターの向井太一は、小さい頃からブラックミュージックを聴いて育ました。
「洋楽と邦楽の言葉選び」という概念に強い影響を受けて、2013年にソロ活動を始め、自分のルーツのブラックミュージックをベースにジャンルにとらわれない楽曲を作りあげています。
R&Bとエレクトロを混ぜたようなメロディの「ICBU」は、艶っぽい声で歌い上げています。
向井太一は、音楽活動だけでなくメンズファッション誌「Men’s FUDGE」のモデルなども務めていて、ルックスにも女性からの人気が期待されること間違いなしでしょう。

毎年新しいアーティスト達がデビューしています。
今回は2020年一気にブレイクすること間違いなしのアーティストを紹介してきました。
新人アーティストの中で、既に人気が出ているアーティストもいますが、音楽が好きな人やこれから活躍するアーティストが気になる人もぜひ、チェックしてみてください♪