アニメ「鬼滅の刃」の主題歌で人気の歌手LiSAが一時活動休止を発表し、現在は活動再開しています。
その夫で声優の鈴木達央も同時に活動を休止し、話題となりましたよね。
二人が活動休止したその原因は、夫の不倫であると言われています。
新婚の妻の心とキャリアを傷つけた、夫である鈴木達央は一体何をしたのでしょうか?

 

自殺未遂?夫婦そろって体調不良のワケ

事務所の発表では、LiSAは心身疲労で静養、鈴木達央は体調不良での活動休止となりました。
この発表の前には鈴木達央の不倫報道がされており、さらに不貞が発覚した夫が自殺未遂を図ったのではと言われています。
緊急搬送された夫の病室には妻 LiSAも駆けつけたとされ、活動休止の理由が一連の不倫騒動によるものではないかと見られています。

 

言い訳男?鈴木達央の豆腐メンタル

コンサートを行うこともあった人気声優の鈴木達央。
ファンの間ではメンタルが弱く、逃げ癖があることでも有名でした。
ある女性ファンの中には、コンサートの際、「体調不良で歌が下手になってしまった」など、長々と言い訳をすることが多かったためファンを辞めたという人もいました。
この鈴木達央の「ダメ男」っぷりに、SNSではLiSAに対して同情の声が広がっています。

 

イケボを武器に?高嶺の花を落とすギャップテク

結婚前から女遊びが多かったと言われる鈴木達央ですが、合コンでは美人や大物を狙い、「ジャイアントキリング(格下が格上に勝つこと)」と呼ばれることもあったとか。
女性を強い口調でからかったあと、「ごめんね」とイケボで優しく話すこともあり、そのギャップに落ちる女性も多かったと言われています。

 

自宅で不倫!?仕事上の信頼も失うゲス不倫

鈴木達央はLiSAの不在時に、不倫相手を自宅に連れ込んでいたこともあったそうです。
妻の居ぬ間に自宅で不倫をしていたことも罪深いですが、鈴木達央が非難されるのはそれだけではありません。
なんと自宅に連れ込んだ際、不倫相手に公開前の音源を聞かせていたとのことです。
これは音楽業界では絶対にしてはならないこととされています。
この不倫で鈴木達央は妻だけでなく、仕事の関係者の信頼も失ってしまったのです。

 

昭和のスターに憧れて?酒癖と女癖の悪さ

鈴木達央は声優としてキャリアが長く、仕事の評判も良かったと言われています。
しかしプライベートでは、浮気がバレても反省しなかったり、朝まで飲んでいて交際女性に迷惑をかけたりしたという「ダメ男」の一面があります。
しかも「役者は品行方正ではいけないんだ」と話すなど、昭和の破天荒なスターに憧れているような発言もあり、結婚してからも酒癖と女癖の悪さを治す気はなかったのでしょう。

 

国民的歌姫としてさらに飛躍する妻の足を引っ張った夫の不倫騒動。
鈴木達央は自らの行いを深く反省し、妻を支える良き夫となることができるでしょうか。

2021年3月19日に第44回「日本アカデミー賞授賞式」が開催されました。
様々な作品がノミネートされていましたが、今回はどのような作品が受賞したのでしょうか?
今回受賞した中で注目されている作品や役者をご紹介します。

今までにない役を演じ受賞

最優秀作品賞に選出されたのは、草彅剛が主演を務める映画「ミッドナイトスワン」でした。
この作品には、厳しいオーディションをくぐり抜けた実力派俳優たちが勢揃いとなっています。
今回主演男優賞を受賞した草彅が演じたのは、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの主人公・凪沙です。
今までに演じたことのない役に苦戦しながらも、見事演じ切り受賞に至りました。

凪沙はある日、実の母親から育児放棄された一果という少女を預かることになります。
少女と出会った凪沙は次第に母性が芽生え始め、本当の母娘のような関係になっていくのです。
2人の運命が交錯しつつも、変化していくところがこの作品の見どころになっています。
豪華俳優陣を迎えたミッドナイトスワンをチェックしてみてください。

日本最高興行収入を更新したアニメ

最優秀賞アニメーション作品賞を受賞したのは、日本の最高興行収入の記録を塗り替えた、映画「鬼滅の刃 無限列車編」です。
また、話題賞の作品賞と最優秀音楽賞も受賞し、注目が集まりました。
子供だけではなく、大人からも絶大な人気を誇るこの作品は、コミックス・グッズ・アニメなども大ヒットしました。
2月14日にはアニメ、劇場版の続編で「遊郭編」がアニメ化することも発表され、再び注目が集まっている作品です。

期待の新星が受賞

今回は、6人の俳優・女優が新人俳優賞を受賞しました。
その中でも注目されているのが、最優秀主演女優賞を受賞した長澤まさみ主演の映画「MOTHER マザー」で息子役を演じた俳優の奥平大兼です。
芸能事務所からスカウトされ俳優という道を選んだ彼は、今回初めてオーディションを受け、映画「MOTHER マザー」への出演が決まりました。
演技未経験にも関わらず、映画の演出プロデューサーや脚本・監督などのプロを唸らせた彼の演技は、非常に多くの人々を惹き付けました。
また、出演者である長澤まさみや吉田羊も彼の演技、感情の表現力を絶賛しており、今後の活躍が期待できる新人俳優として話題になっています。

今回は、最優秀男優賞・最優秀アニメーション作品賞・新人賞をご紹介しました。
受賞した俳優や作品がこれからどのような活躍を見せてくれるのか、期待が高まります。

10月16日から全国公開された「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」。
映画公開から3日で、興行収入が40億円突破している鬼滅の刃劇場版。
鬼滅の刃は、今や社会現象になっており、子どもから大人まで幅広い世代から愛されている漫画です。
今回は、人気の理由と物語の簡単な設定、劇場版のあらすじをご紹介します。

なぜここまで人気が?

漫画家である五峠呼世晴(ごとうげ こよはる)氏原作の漫画。
そもそも人気が出始めたのは、ジャンプに連載されている原作漫画の方ではなく、アニメ版の鬼滅の刃でした。
アニメ版は、漫画版よりシンプルに描かれており、子どもでもわかりやすく見られるというのが人気が出たきっかけです。
他にも、登場する個性豊かなキャラクターや中身の詰まったストーリー、次々に出てくる独特な技などが人気の理由です。
ジャンプに掲載されている作品といえば、「友情」「勝利」「努力」が3題テーマのものがダントツで多いですよね。
本作も、この3つの要素を兼ね備えていますが、爆発的な人気が出たのは「死」に向き合う切ない要素も入っているからです。

鬼殺隊や呼吸法とは?

・「鬼殺隊」
鬼殺隊とは、主人公・竈門炭治郎が所属している、鬼を撲滅するために作られた非政府公認の組織のことです。
その中でも、主に組織を支えている個性的な9人の柱がいます。
水柱・蟲柱・炎柱・音柱・恋柱・岩柱・霞柱・蛇柱・風柱です。
柱は、それぞれ使うことのできる技が違うので、そのようなところも人気の理由です。
鬼を殺す際に使うのが、唯一鬼を倒すことができ、鬼殺隊だけが持つことを許される「日輪刀(にちりんとう)」という刀です。
日輪刀以外の刀では、倒すことができません。

・「呼吸法」
呼吸法とは、鬼を倒す際に使う呼吸のことです。
鬼を倒すためには、「全集中の呼吸」を使えるようにならなくてはいけません。
呼吸法には、代々から続く水・雷・炎・岩・風があり、さらにそこから派生されていくつかの流派があります。
どのタイプの柱になるかは、呼吸法で決まります。

劇場版 無限列車編

アニメ最終話の放送は「竈門炭治郎志立編」が完結し、無限列車に乗り込むシーンで終わりました。
今回の映画は、その続きから始まります。
炎柱である煉獄杏次郎と、任務を命じられた主人公・竈門炭治郎らが、無限列車に現れる鬼と戦う様が描かれています。
劇場に足を運んだ鬼滅ファンの方からは、ハンカチなしでは観られない作品、号泣する覚悟で行くべきとの声が続出です。

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」は、前代未聞の上映回数ということもSNSなどのメディアで話題になっています。
子どもから大人まで楽しめる作品になっているので、ぜひ劇場に足を運んでみてください!
笑いあり、涙ありの豪華117分です!

今、人気絶頂を誇るアニメ「鬼滅の刃」は誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
そんな人気絶頂中のアニメの主題歌を歌い話題となっていた女性アーティスト「LiSA」は知名度もどんどんアップしています。
今回はそんなLiSAについて調べてみたのでご紹介していきましょう。

LiSAのプロフィールについて

LiSAの公式プロフィールから、岐阜県出身、誕生日は6月24日、座右の銘は「今日もいい日だっ。」とされています。
メジャーデビューをする前にも音楽活動をしていましたが、今回は割愛させていただきます。
何しろメジャーデビュー後が非常に充実しているためです。
メジャーデビューとなったのは人気テレビアニメ「Angel Beats!」の劇中バンドの歌い手に抜擢され、劇中バンド名義ではありますがシングル・アルバムの累計40万枚以上を売上げたことで一気に注目を集めました。
その後、ソロのLiSA名義でミニアルバムでデビューを飾ります。
LiSAは幼い頃から母親の影響もあり、ピアノを習っていたりミュージカル教室に通っていた過去があります。
そこで歌うことが好きになり、こうして人気アーティストにまで上り詰めたのはすごいですよね。

数々の人気アニメ作品に関わっていた

LiSAを鬼滅の刃で初めて知ったという人も多いかもしれませんが、アニソン界ではLiSAは以前から知名度・人気共にあったのです。
鬼滅の刃でテレビでの露出が増えたことは事実ですが、これまでLiSAは数々の人気アニメ作品の主題歌を歌ってきており国内だけでなく世界から注目されてきたアーティストでもあります。
「Fate/Zero」や「ソードアートオンライン」、「魔法科高校の劣等生」などが挙げられます。
テレビの音楽番組を見ていると、その熱量とパフォーマンス力、歌唱力に圧倒されてしまいますよね。

そんな彼女のライブも非常に人気となっており、これまで公演したライブでは完売を記録しています。
また、ソロでのライブ以外にもROCK IN JAPAN FESなどのロックフェスでも数多く出演していて、ライブアーティストとしても活躍が目覚ましいアーティストと言えるでしょう。

鬼滅の刃主題歌でダブルプラチナを獲得

今人気絶頂中のアニメ鬼滅の刃主題歌である「紅蓮華」は、配信直後から数々のデイリーチャートを席巻し、平成最後・令和最初の週間デジタルシングルとしても首位を獲得しました。
日本レコード協会の有料音楽配信認定で「ダブルプラチナ」を獲得したり、紅白歌合戦にも出場を果たしました。
女性アーティストの中でもトップを走る存在となっていることは間違いないですね。

知名度・人気ともにうなぎ登りとなっているLiSAですが、その歌唱力・パフォーマンス力にも定評があります。
アニソン界だけでなく、女性アーティストの中でも一躍有名となったLiSAは今後もメッセージ性の強いライブを展開していくのではないでしょうか?
その存在感に目が離せませんね。