人気お笑いコンビ・ジャルジャルは、同じお笑い芸人からも一目置かれている存在です。
天才コント師とも呼ばれている彼らの人気の理由とは一体何でしょうか?
今回は、お笑いコンビ・ジャルジャルについてご紹介します。

天才お笑いコンビ

日常生活で起こりそうで起こらないギリギリのラインを攻めたネタや、非日常的なネタなど、幅広いジャンルのネタを持っている彼らは、その独特のセンスで多くの人々を虜にしています。
同業者であるお笑い芸人からの評価も高く、ダウンタウンの松本人志も「コントが面白いのはジャルジャル」とコメントしています。
では、なぜここまで高い評価を得ているのでしょうか?

YouTubeチャンネルが大人気

YouTubeでもコントを配信している彼らのチャンネルが今話題になっています。
現在、登録者数が100万人を突破している「ジャルジャルタワー」と同時並行で「ジャルジャルアイランド」というチャンネルで動画を配信しており、彼らのYouTube活動に注目が集まっています。
なぜ、2つのチャンネルを同時並行で開設しているのでしょうか?
彼らはチャンネルを使い分けしており、「ジャルジャルタワー」では主にコント動画を配信し、「ジャルジャルアイランド」では「ジャルジャルタワー」の住人である「奴」らの日常を発信していると、動画の概要欄に書かれています。
しかし、その日常はコントの要素も含まれており、今までにない新感覚のお笑いにハマる方が続出しています。
また、コント中に登場する個性豊かなキャラクターになりきる彼らの徹底した役作りも注目ポイントです。
「○○の奴」というジャルジャルならではのネタは、非常に多くの人々から高く評価されています。

オススメの動画

話題になっている「ジャルジャルアイランド」でぜひオススメしたいのは、「ハズレの先生」シリーズや、「オールバック」シリーズです。
しつこいくらいに同じフレーズ、展開が繰り返されるコントは、いつの間にかクセになってしまう面白さがあります。
思わず見たくなる独特な動画のサムネイルも、人々を惹き付ける魅力なのかもしれません。
「ジャルジャルタワー」では、総再生回数が驚異の5億回を突破しています。
ここまで本格的にYouTubeチャンネルで活動しているお笑い芸人は珍しいのではないでしょうか?
ぜひ、2つのチャンネルをチェックしてみてください。

 

我流を追求し続けた彼らにしかない魅力を、ぜひ感じてみてください。
ストイックにお笑いに向き合うジャルジャルの活動に期待が寄せられています。

お笑い界の第七世代として活躍している「霜降り明星」の粗品が、多額の借金を抱えていることが話題になっています。
以前からメディアに借金があることを公開しており、ファンからは心配の声が寄せられていました。
今回は、粗品が抱えている借金についてご紹介します。

ギャンブルが大好き

過去に、消費者金融から借りたお金を使ってギャンブルをし、3日で700万円負けたことがあるという粗品は、ギャンブル依存症として相方のせいやからも心配されています。
主に、パチンコ・パチスロ・競馬が好きで、借金をするほどのギャンブラーです。
霜降り明星の2人が動画を配信している「霜降りチューブ」というYouTubeチャンネルでも、ギャンブルについての動画をアップしています。

心配する声がある一方で面白いとの声も

会社くらいの借金を抱えていると言われている粗品を心配する声も寄せられていますが、一方で借金をネタにした話や動画が面白いと話題になっています。
話題になったのは、粗品個人のYouTubeチャンネルでアップした動画です。
ウルフルズの「借金大王」や、Adoの「うっせぇわ」を借金にまつわる替え歌として配信し、ハイセンスな言葉選びや、味のあるハスキーな声が注目を集めました。
Adoが歌う「うっせぇわ」という特徴的なフレーズを、「金ねぇわ」に替えて熱唱した動画に、視聴者からは視聴者からは「中毒性がある」「才能の無駄遣いで笑う」などの声が多数寄せられています。
アップテンポなハードな曲を、アコースティックギターでアレンジして歌う粗品の技術の高さに驚くファンが続出しました。

ゲスト声優に決まった粗品を見て・・・

誕生から80周年を迎える大人気アニメ「トムとジェリー」の実写映画の日本語吹き替えに、ゲスト声優として霜降り明星の2人が参加しました。
映画のプレミアムイベントに出席した粗品は、ゲスト声優として出演が決まった時たくさんの人から連絡がきて、キャスティングされたことを実感したと言います。
その中で、お金を貸してくれている方からも連絡があり、ゲスト声優が霜降り明星に決定したという記事と共に、「これでいけるよな?」というメッセージが添えられてあったと話し、会場を笑わせました。

売れっ子芸人として様々な舞台で活躍しているため、借金を抱えているようには見えませよね。
しかし、驚くような借金額だと言われています。
仕事に影響が出ないようにギャンブルは程々にして、これからも活躍し続けてほしいですね。

最近、様々な才能を持つ多才芸人が話題になっています。
今回は、メディアにも出演したり、特殊があったりと活躍の場面が増えている多才芸人をご紹介します。

アンゴラ村長

「にゃんこスター」というお笑いコンビで活動しているアンゴラ村長。
世間に名が知られるようになったのは、「キングオブコント2017」で準優勝したことがきっかけでした。
今回は、インターネット上で話題になっている特技「ドラム」をご紹介します。
彼女がドラムを始めるようになったのは、NHKドラマ「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」に出演し、その際演じた役がドラムを演奏する役だったことがきっかけでした。
ドラムの練習にのめり込み、インターネット上に投稿されたSCANDALの「マスターピース」に対し世間からは、「すごい」「かっこいい」との声が多数寄せられ、話題になりました。
そしてなんと、本家SCANDALとの対面も実現しました。

ほしのディスコ

2014年に結成された男女お笑いコンビの「パーパー」。
今回は、パーパーのほしのディスコの驚きの才能をご紹介します。
コントでは、ナヨナヨしていて頼りない雰囲気の彼ですが、マイクに向かって「歌う」姿はまるで別人のようです。
YouTube上の個人チャンネルに、クリープハイプの「栞」を歌った動画をアップすると、コメント欄には「すごい才能」「感動レベル」という絶賛する声が殺到しました。
芸人仲間からも歌声を称賛され、なんとついには本家クリープハイプの耳にも届き、「上手いんですよ才能ですよね、ギャップにやられます」などとコメントを発表しています。
世間からの注目を集めた彼は、朝の情報番組「スッキリ」で非常に歌唱力が優れている「歌うま芸人」として紹介されました。

粗品

大人気お笑いコンビ「霜降り明星」の粗品。
普段はキレのあるツッコミを炸裂させ、幅広い世代の方に支持されている粗品ですが、彼には意外な特技があります。
それは、2歳の頃から習っていたという「ピアノ」です。
2019年には、中国出身の世界的ピアニストのラン・ラン、人気女優の土屋太鳳との豪華なコラボ演奏が話題になりました。
誰でも耳にしたことがあるクラシックの曲をマッシュアップし、3台のピアノを囲むように演奏する姿は、ただのお笑い芸人ではありませんでした。
このコラボによって「多才すぎる」「今まで以上に好きになった」と粗品の人気はますます上昇していきました。
また、彼は絶対音感の持ち主でもあり、より音楽に対しての感性が豊かだったのではないのでしょうか。

お笑いもできて、他にも優れた特技があるなんて羨ましいですよね。
今回ご紹介した3人の動画は、YouTube上にアップされているのでよかったら見てみてください!

お笑い芸人の中でも異色の経歴を持つ人は多くいます。
ここ数年人気を集めているメイプル超合金は、安藤なつさんとカズレーザーさんの男女でコンビを組んでいます。
それぞれ1人でも活躍していますが、今回はクイズ番組に引っ張りだこなカズレーザーさんに焦点を当てていきます。

カズレーザーさんってどんな人?

カズレーザーと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、クイズでしょうか?
それとも金髪に真っ赤な衣装でしょうか?
どちらもすごく印象に残りますよね。
そんなクイズが得意で金髪に赤い衣装がトレードマークなカズレーザーさんの実家はイチゴ農園を営んでいるそう。
兄弟には兄と妹がおり、公式プロフィールには埼玉県出身となっていました。
血液型はO型、身長は180㎝、体重80kg、趣味は読書と筋トレ、社会科見学としています。
最終学歴は、同志社大学商学部卒業となっています。
所属している事務所は、サンミュージックプロダクションです。
カズレーザーさんのプロフィールは意外と落ち着いているように思いますが、バイセクシャルであることを公言していたり、高校生の頃から全身赤色の服装を貫いていたりすることから非常に天真爛漫な一面があることを感じされられます。

すごく頭が良いのは昔から?

現在数多くのクイズ番組に出演しているカズレーザーさんですが、やはりその頭の良さには芸能界・芸人の中でも際立つものがあります。
以前からインテリ芸人の代表格としてはロザン宇治原さんがいますが、負けず劣らずの知識量には感服してしまいます。
そんなカズレーザーさんの学歴を見てみましょう。
まず、高校から遡ってみると高校は地元の県立熊谷高等学校だったようで、この高校実は東京大学や早稲田大学への進学率も高く有名な進学校でした。
偏差値は65と非常に高いことがわかります。
その後、関西の名門大学である同志社大学へ進学します。
同志社大学へはセンター試験の結果だけで合否が決まるセンター利用で合格していました。
大学個別の試験は受けずに合格することができる制度なのですが、合格のラインは一般よりも高いとされており狭き門でもあります。
高校から遡りましたが、高校時代から頭がよかったことがわかりますね。

それにしても頭が良い…!

昔から頭が良かったことはもちろんですが、最近の活躍を見ていると本当に頭が良い人、知識量が多い人なんだと痛感させられます。
なんでもカズレーザーさんは年間200冊以上読書をしていたり、毎朝のニュースチェックをして夜に気になったニュースを掘り下げて調べていたりするらしいです。
カズレーザーさんの頭の良さは日々の賜物でもあったのですね。

今を時めく芸人さんの1人、カズレーザーさんについて調べてみました。
奇抜なイメージもありますが、その頭の良さは既にお茶の間にも浸透しています。
そして、頭が良いだけでなく頭の回転の早さや人柄についてもすごく評価されている芸人さんなのではないでしょうか?
今後もその活躍には目が離せないですね。