嵐の二宮和也さんは2019年11月12日に一般女性との結婚を発表しました。
また、2021年3月5日には嵐からの重大発表と題し、「第一子誕生」を発表しました。
実は、祝福しているファンも多い中、1部のファンから猛烈な批判を浴びているのです。
今回は、その理由について解説していきます!

結婚発表のタイミングがヤバかった!

嵐は2020年12月31日から活動休止に入りました。
活動休止が発表されたのは2019年の1月です。
2019年1月から約2年間、嵐はファンを第1に考え、コンサートなどの企画もしていました。
しかし、二宮さんが結婚を発表したのが2019年の11月です。
もちろん、ファンからは「休止してからで良かったのでは?」という声が多くありました。
他にも、「メンバー4人に押し付けて最低」などの厳しい声もありました。
出産のタイミングも2021年の3月であったことから、「嵐やファンにとって大事な2年間の間に子作りまでするなんてあり得ない」と考えるファンが多かったようです。

匂わせが酷かった!?

彼のお相手は一般女性と報道されていますが、元フリーアナウンサーだと言われています。
そのお相手は、退職後もブログを続けていました。
そのブログには、ファンへの嫌がらせか?と思わせるほどの匂わせ投稿がされていたのです。
彼女が二宮の私服を着て撮った写真や、嵐のCDが不自然に写った写真をアップしていたことから、ファンの間で「匂わせ女王」と呼ばれています。
そんな匂わせブログを放置し、止めに入らなかった二宮への批判も多くありました。

SNSでのファンの反応

出産報告があった当日、Twitterでは二宮和也がトレンド入りしました。
それと同時に「あぁ、そうですか」というタグもトレンド入りし、世間を騒がせました。
「あぁ、そうですか」とは、二宮が嵐のメンバーに結婚を報告した時にメンバーが言った言葉です。
一部のファンはその言葉を借りて二宮の出産報告に反応し、さらには「嵐の重大発表ではない」と厳しい声を上げていました。
また、二宮はプライベートなことを公表しないとしていましたが、出産報告や性別の公表をしてしまったため、矛盾しているという批判も多くありました。

夢を売れなくなったのなら嵐を脱退してほしいというファンもいます。
たしかに、アイドルは夢を売る仕事ですよね。
女性アイドルも恋愛禁止とされていることが多く、熱愛報道が遭った場合は卒業という形になってしまうこともあります。
ベテランのアイドルとはいえ、ファンのこともしっかりと考えていかなければなりませんよね。

2019年1月に国民的アイドルグループ「嵐」が、2020年12月31日をもって活動を休止することを発表しました。
この発表に、世間からは驚きの声が殺到しました。
今回は、発表に至るまでの経緯や大みそかに行われたラストライブについてご紹介します。

嵐、活動休止を発表

日本を代表する男性アイドルグループ「嵐」は、日本国内だけではなく、世界中で愛されている非常に人気が高いアイドルです。
活動休止という発表に涙するファンも多く、惜しまれる声が殺到しました。
2019年1月27日に公式サイトで発表し、同日に嵐5人揃っての記者会見が行われました。
注目が集まった会見は1時間15分にも及び、メンバー5人がそれぞれの思いを世間に発信しました。

活動休止の経緯

会見では、嵐が2020年12月31日をもって活動を休止するに至った経緯が語られました。
2017年6月にグループのリーダーである大野智がメンバー4人を招集し、「自分の嵐としての活動をいったん終えたい」という話をしたことが明らかになりました。
何事にも縛られず自由に生活を送ってみたい、という大野の気持ちを他のメンバーが尊重し、今回の活動休止に至ったのです。
何度も話し合いを重ね、一年後の2018年6月に活動休止を決断した、と語っています。
会見では、記者からの「解散ではないのか?」と言う質問に対し、メンバーの松本潤が「解散ではない」と否定しています。
グループ休止以降の活動は、大野はいったん芸能活動を休止、他の4人のメンバーはそれぞれに活動を続けるとのことです。
世間からは、たくさんの人々に愛されてきた嵐の再結成を願う声が続出しています。

ついに完走!惜しまれながらも活動休止

2020年12月31日、嵐としての活動が最後になるこの日、無観客単独ライブ「This is嵐 LIVE 2020.12.31」を生配信しました。
無期限の活動休止となり、ライブのラストには嵐全員が涙を流し、これまで活動してきた21年間の思いや、応援してきてくれたファンへの感謝を語りました。
「嵐でよかった」「5人での活動が宝物」とメンバーが語っています。
世界的にも人気が高い嵐は、数多くのファンに惜しまれながら無期限の活動休止期間に入りました。
2021年からは、個人での活動になります。

21年間という期間を無事に完走した嵐は、たくさんの人々に愛され、惜しまれながら活動を終えました。
いつか再結成をする日が来るとするのであれば、世界各国から注目が集まるでしょう。