ローカル番組で、「住みます芸人」という肩書のあるタレントを見たことはありませんか?
「住みます芸人」とは、吉本興業ホールディングスの事業として始まり、現在はよしもとエリアアクション社が運営するプロジェクトの名前です。
今回は、地域密着型の仕事が多い「住みます芸人」について調べてみました。

 

「住みます芸人」とは?なぜ地方へ?

これまでタレントやお笑い芸人の活動は、東京や大阪がメインでした。
現在でも、全国区のテレビに出演するか、お笑いの本場である大阪で活躍することがステータスだと考えられています。
地方局の番組に出演したり、地域のイベントで活動したりするタレントもいますが、全ての地域に専用タレントがいるわけではありませんでした。
タレントを呼びたい場合は市町村が事務所に依頼し、東京や大阪からタレントが派遣されてくるのが一般的だったのでしょう。
当時の吉本興業は、「地域に密着した芸人をつくり、日本中を盛り上げよう」と考えました。
子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するタレントを、全国の都道府県に派遣します。
さらにタレントはその地域に移住し、「住みます芸人」と名乗って芸能活動をスタートしました。

 

コンビはどうなる?新たなグループができることも

基本的には一組単位で派遣されていますが、コンビとして活動していたお笑い芸人のどちらか一方が住みます芸人になることもあります。
例えば神奈川県の住みます芸人堤下敦は、元々お笑いコンビ「インパルス」の一員でした。
相方の板倉俊之は、神奈川県の住みます芸人にはなっていません。
住みます芸人としては堤下だけ、都内での仕事では板倉1人、またはコンビで活動することが多いでしょう。
また、新潟県のように住みます芸人が数名集まってグループとして活動するケースも見られています。
それぞれ単体でテレビ出演することもありますが、地域のお祭りなどのイベントではグループとして盛り上げることが多いようです。

 

どんな人が住みます芸人になる?地域出身者が多い

住みます芸人として派遣されるのは、主に東京や大阪を拠点としていた若手芸人で、ほとんどが自分の出身地に派遣されています。
ただし北海道や沖縄のように吉本興業の支店や事務所がある場合は、その管内で活動していたタレントがそのまま任命されることもあります。
地域のイベントを盛り上げることはもちろん、特産品やお祭りを全国に広める役目も期待されているでしょう。
派遣されているとはいえ、ただ笑いを提供するだけでなく地域の経済に貢献して結果を出さなければなりません。

 

現在、住みます芸人は日本全国に派遣されています。
さらに、台湾やタイ、フィリピンなどのアジア諸国にも活動の場が広がっているそうです。
吉本興業の名が世界中で知られるようになるかもしれませんね。

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」が8/17に解散しました。
宮迫の「闇営業」騒動から2年が経ち、コンビ復活に向けて準備中かと思われていたなかでの発表に驚いたファンもいたことでしょう。
今回はコンビ解散の背景についてまとめてみました。
人気お笑いコンビとして長年連れ添った2人に一体何があったのでしょうか?

アメトーークで発表!2年ぶりの共演

吉本興業YouTube公式チャンネル・ABEMA配信「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」でコンビの解散が発表されました。
2年ぶりの共演となった2人ですが、解散という残念な結果になってしまったことに涙を浮かべる場面もありました。
この番組で蛍原は、「解散は僕から切り出した」と話し、価値観や方向性の違いが理由と語っています。

宮迫の「闇営業」吉本興業からの契約解消

2人が解散した原因の1つに、宮迫が所属していた吉本興業を解雇されたことが考えられています。
事務所を通さない「闇営業」で、反社会的勢力と関わりを持ってしまったことから、宮迫は謹慎処分となりました。
その謹慎期間にYouTubeチャンネルを開設し、吉本興業に関する話を配信したことで事務所会長の逆鱗に触れ、ついには契約解消となってしまったのです。

宮迫に批判の声が殺到!番組での態度が物議をかもす

「アメトーーク」で解散を発表した際、真剣に話す蛍原に対し、先輩芸人の離婚の話を引き合いにしたり、ゲスト芸人をいじったりすることで笑いを取ろうとした宮迫の態度に、視聴者から批判のコメントが殺到しました。
同番組に出演した芸人仲間も涙を流すなか、笑顔で冗談を話す宮迫は、久しぶりにテレビ出演を果たして浮かれている印象に映ったのではないでしょうか。
自分の司会の実力を見せつけるような振る舞いに、周りの芸人や視聴者との温度差が浮き彫りになったのです。

宮迫がYouTubeで謝罪!なおも批判される結果に…

「アメトーーク」で解散を発表後、宮迫は自身のYouTubeチャンネルで改めて謝罪の動画を投稿しました。
このことに対して、「YouTubeが原因で契約解消、解散したのに、また動画で謝罪?」「蛍原の気持ちを考えろ」と批判的なコメントが殺到しました。
これにより、ますます宮迫がテレビに復帰するのが難しくなったと言えるでしょう。

 

騒動があっても、お互いを認め合いコンビ復活を願っていた雨上がり決死隊の2人ですが、再結成は叶いませんでした。
今後はそれぞれの魅力を活かし、自分に合った場所で活躍することをファンは期待しているのではないでしょうか。