Ayumu Imazuを知っていますか?
アメリカと日本を拠点に活動を始めたシンガーソングライターで、Z世代を代表するアーティストとして期待されています。
今回は、これからメディアでの露出が増えていくであろうAyumu Imazuについて深堀りしてみました♪
今まで日本に数少なかった、本格派ダンスのシンガーソングライターに注目です!

ニューヨーク留学の経験で培われたグローバルな才能

2000年生まれの21歳で、作曲から作詞、ダンスの振り付けまでを自分自身でこなすという才能豊かなAyumu Imazu。
6歳からダンスを始め、14歳には単身ニューヨークへ。
約3年半のアーティスト留学を経験したあと、アメリカと日本でシンガーソングライターの活動を開始しました。
パワフルかつ繊細な歌声と圧倒的なダンスのパフォーマンス、そして日本語と英語を使いこなすドラマチックなワードセンスが武器です。

 

マルチプレイヤーに憧れて…ブルーノ・マーズの影響

Ayumu Imazuの作詞や作曲、ダンスの振り付けのマルチな才能には、アメリカ歌手ブルーノ・マーズが影響を与えています。
Ayumu Imazuは13歳の時、「スーパーボウル」でブルーノ・マーズのパフォーマンスを見て大きな衝撃を受けました。
そこでは、ソロ歌手であるブルーノ・マーズが歌だけでなく、ドラム演奏やダンスをしていたのです。
このことが歌だけでなく、楽器の演奏やダンスなど音楽そのものを学ぶ、アーティスト留学への道を選ぶことにつながりました。

 

プロへのチャンスを掴む!ニューヨークでの武者修行

ニューヨークではオーディションを経て、プロへの登竜門「アマチュアナイト」に出場しています。
多くの観客の前でパフォーマンスする経験を積み、スキルと度胸を身に付けました。
またアポロシアターに立った経験から、客を楽しませるというだけでなく、自分にしかできない表現で、世界に思いを伝えられるアーティストになりたいと考えるようになります。

 

8月メジャーデビュー!スッキリに出演も

Ayumu Imazuは2021年8月13日にデジタルシングル「Juice」が配信され、メジャーデビューを果たしました。
その後はラジオ局J-WAVEの番組、SONAR TRAXに出演したり、「Rolling Stone Japan」にインタビュー記事が掲載されたりするなど、数多くのメディアで注目されています。
8月30日には朝の情報番組「スッキリ」で生歌披露し、圧倒的な歌唱力とスキルの高いダンスを見せつけました。
これからお茶の間でも認知度が高くなっていくことでしょう。

 

ダンス中に見せるクールな表情と、まだあどけなさが残る甘い笑顔のギャップが魅力的なAyumu Imazu。
ニューヨーク仕込みの本格的な歌とダンスで、日本に新たな風を運んでくれることでしょう。

今若者を中心に絶大な人気を誇るシンガーソングライターの「Eve」さんは、ボカロPやファッションデザイナーとしても活躍しています。
2020年には、大人気アニメ「呪術廻戦」のオープニングテーマ「廻廻奇譚(かいかいきたん)」をリリースし、反響を呼びました。
今回は、そんなEveさんの魅力についてご紹介していきます!

シンガーソングライターとしてのEveさん

2009年からニコニコ動画で歌い手として活躍していた彼は、それをきっかけに作詞作曲も手掛けるようになりました。
彼の作る楽曲は、特徴的だけどキャッチーなメロディが魅力です。
呪術廻戦以外にも、テレビアニメ「どろろ」のエンディング曲や映画「ジョゼと虎と魚たち」の主題歌を手掛けています。
2021年2月5日には、ロッテのガーナチョコレートのテーマソング「平行線」をリリースしました。
この曲はバレンタインに聞きたくなる雨酸っぱい恋の曲となっていて、ヨルシカのメンバーであるsuisさんとのコラボ曲としても話題です。
また、YoutubeなどにアップされているEveさんの動画には海外の方からのコメントも多く、日本以外の国からも注目を浴びているのがわかります。

ファッションデザイナーとしてのEveさん

彼の才能は音楽だけには留まらず、「harapeco」というファッションブランドを立ち上げています。
コンセプトは、「等身大でいられるような服作り」としていて、男女共にゆるく着こなせるユニセックスブランドです。
落ち着いた色味の服が多い印象で、デザインもシンプルなものが多いです。
しかし、そのなかでも独特な配色や生地で他のブランドと差を付けているのが分かります。
シンプルだけど個性的なファッションを楽しみたい方にはとてもおすすめです。

おすすめの曲は?

彼の曲を知らない方でも楽しめる曲をご紹介します!

・ナンセンス文学
Youtubeで4400万回以上再生されているこの曲は、彼の代表曲です。
不思議な世界観なのになぜか頭の中にはスッと入ってくるような曲になっています。

・ラストダンス
切ない雰囲気が堪らない楽曲で、MVと一緒に視聴するとより一層曲を楽しめます。

・あの娘シークレット
彼の楽曲の中では珍しい可愛らしい曲です。
ポップなメロディーですが、彼の柔らかい歌声で個性的な1曲になっています。

今回はEveさんについてご紹介してきました。
今後もアニメや映画の主題歌に抜擢されることも期待できます。
気になった方は、TwitterやYoutubeなどをチェックしてみてはいかがですか!

先日、胸元まである長い髪をバッサリ切り、ショートカットが話題になった、シンガーソングライターのあいみょん。
今回は、アーティストになった経緯や音楽性のルーツ、人気曲などをご紹介します。

あいみょんがメジャーデビューするまで

兵庫県西宮で生まれた彼女は、幼い頃から歌手になることを夢見ていた祖母や、音楽関係の仕事に就いていた父の影響を受けて育ってきました。
音楽環境に恵まれた彼女は、中学生の頃から作詞作曲をしてます。
高校在学中に、友達が応募して参加したオーディションの映像を見た事務所関係者から直接連絡があり、本格的に活動を開始しました。
2015年、「貴方解剖純愛歌~死ね~」でインディーズデビューを果たします。
そして、その1年半後には「生きていたいんだよな」でメジャーデビューもしています。
その後、急加速で人気が上昇し、2018年には「NHK紅白歌合戦」に初出場をしました。

なぜここまで人気なのか

老若男女問わず幅広い世代の人に愛されるあいみょんの音楽性のルーツは、スピッツや尾崎豊、浜田省吾など男性アーティストにありました。
性別も感性も異なる男性シンガーソングライターからの影響を受けたことで、男性目線の歌詞も書けるようになったのではないのでしょうか。
女性目線、男性目線で表現できるのは、あいみょん最大の強みです。
さらに、彼女自身が2010年代に青春を過ごしているからこそ生まれる歌詞が聴いている人の心に刺さり、絶大な支持を得ています。
共感できる歌詞と、彼女にしか表現できない独特な世界観が人々を魅了し続けているのです。
彼女の魅力は他にもたくさんありますが、女性アーティストでは珍しい中性的な声の持ち主だったということも、話題を呼んだ理由のひとつです。

これを聴かないと損!

数ある楽曲の中で、特に人気が高いおすすめの楽曲をご紹介します。

・「マリーゴールド」
一つ目のおすすめ曲は、紅白歌合戦でも披露された「マリーゴールド」です。
どこか懐かしいメロディーラインのこの楽曲は、音楽配信サービスアプリなどで徐々に広まり、あっという間にランキングの上位に君臨しました。
この楽曲の人気が高い理由は、表現力の豊かさにもあります。

・「君はロックを聴かない」
二つ目は、ヒットのきっかけと言っても過言ではない「君はロックを聴かない」です。
この楽曲は、男性目線で制作されていることで注目を浴びました。
あいみょんは、「好きな女性に対して必死になる男性の姿」が好きだそうで、この曲はその表現が上手く盛り込まれています。

今回は、幅広い世代から愛されるアーティスト、あいみょんをご紹介しました。
人気がますます加速するあいみょん、よかったらチェックしてみてくださいね!