ピン芸人「もう中学生」が最近再ブレイクしています。
お笑い番組でネタを披露して話題となったものの、数多くのライバルたちから抜きん出ていたわけではなかった彼ですが、ネタ番組だけでなくトーク番組やバラエティ番組、ドラマや舞台にも出演することで新たな才能を開花しました。
今回は、もう中学生のプロフィールと最近の活躍についてご紹介しましょう。

特技は図画工作?もう中学生のプロフィール

もう中学生は吉本興業所属のピン芸人です。
段ボールにイラストや文字を描き、これを使ったコントのようなネタをするという芸風で、独特の言い回しや動きから個性的な雰囲気があります。
大人の男性にしては高い声で、短パンや白いソックスを履いている姿が子どものように見える反面、身長180センチというスラっとした姿がさらに不思議さを増幅させています。
趣味は絵を描くこと、特技は小道具・大道具作りということで、ネタに出てくる可愛らしいイラストや遠い客席でもはっきり見えるイラストに活かしているのではないでしょうか。
その独特なイラストが観客の笑いを誘いますが、ただ笑えるだけでなく不思議な気持ちになるようなシュールさがあります。

ミュージカルに初挑戦!オーディションに参加

もう中学生は、2018年にディズニーの名作映画を舞台化した「メリーポピンズ」のミュージカル作品に出演しました。
主役のメリーポピンズが訪れるバンクス家の使用人であるロバートソン・アイという大役は、事務所にすすめられたオーディションにより射止めたものです。
もともと歌やダンスに自信があったわけではなく、先輩芸人から「特技がないよね」と指摘されたことで一念発起しますが、なんともう中学生が選んだのは「エアロビクス」。
それも区民センターでレッスンするというネタ同様、個性的なチョイスをしたそうです。
オーディション当日も課題曲を覚えられず、海外プロデューサーに呆れられますが、「それなら何の歌だったら歌えるんだ」と言われて披露したのが「愛燦燦」でした。
そしてその場で審査員たちから「愛燦燦」の歌い方をレクチャーされるというなんともシュールな展開になったとか。
本人は「良い経験をしたな」と思い出にしようとしていたところ、後日マネージャーからオーディションに合格したと聞いて驚いたそうです。

 

個性的なネタが人気のもう中学生ですが、最近は舞台やドラマで違った一面を見せ話題となっています。
CMではいつもの屈託のない笑顔を封印したクールな姿を披露し、意外とイケメンだと評判です。
もう中学生のこれからの活躍を期待したいですね。

NHKでは通称「朝ドラ」と呼ばれる朝の連続テレビドラマが人気となっています。
現在放送中の「おかえりモネ」が今月末で最終回を迎えることが決まっており、早くも来年前期スタートの「ちむどんどん」がクランクインし、後期にオンエア予定の「舞いあがれ!」も準備段階に入りました。
今回は2022年後期ドラマ「舞いあがれ!」について、今判明していることを調べてみましょう。

 

舞台は大阪と長崎!パイロットを目指す少女

「舞いあがれ!」は「ものづくりの町」と呼ばれる東大阪と、豊かな自然があふれる長崎県の五島列島が舞台となります。
物語は1990年代から始まり、現在まで続く少女の半生を綴ったものになる予定です。
公開された情報によると、パイロットを目指すヒロインの挫折や再生を描いていくということで、最近の流れである「お仕事ドラマ」がまだ続くようですね。
「カーネーション」では当時の常識を覆していく女性デザイナーの姿、「ウェルかめ」では雑誌の編集者として奮闘する女性の仕事ぶりが多くの共感を得て涙を誘いました。

 

ヒロイン役は!?オーディションって本当?

朝ドラのヒロインと言えば、女優の卵や芽を出し始めた人気女優が選ばれることが多く、若手女優の登竜門として注目されています。
「舞いあがれ!」でも、大手プロダクションに所属する若手女優の中から選ばれると、なんとなく誰もが予想していたのではないでしょうか。
しかし、今回はなんと「オーディションでヒロインを決定する」と発表されたのです。
ところがこの発表に、芸能事務所では疑惑の声が上がっています。
2020年の「エール」でも「ヒロイン役はオーディションで」と発表されたのですが、結局決まったのはすでに女優として一定の評価を得ている二階堂ふみ。
もしかして最初から決まっていたのでは?と思う事務所も多く、話題のために利用された可能性もあります。

 

近日発表!誰がヒロインの座を射止めるのか?

キャスティングには、NHKと芸能事務所の関係性も大きく影響しています。
特に今までの朝ドラで脇役を務めていた女優は世間からの評判も良く、キャスティングするスタッフから見れば、オーディションの役割も果たしているのかもしれません。
また、今までもCMやバラエティで話題となった若手女優も起用されているので、お茶の間に親しまれるタイプがヒロイン役に抜擢される可能性が高いでしょう。
そんな中、複数のメディアの予想として候補に挙がっているのは、松本穂香や浜辺美波です。
彼女たちは、CMで目にする機会も多いことから有力候補ではないでしょうか。
ヒロインの発表は近日中ということで、楽しみですね。

 

毎回大きな社会現象を引き起こす朝ドラ。
特にヒロインのみずみずしい演技が注目されることが多いですよね。
朝ドラファンの人は、これからの公式発表をもう少しお待ちくださいね♪

Ayumu Imazuを知っていますか?
アメリカと日本を拠点に活動を始めたシンガーソングライターで、Z世代を代表するアーティストとして期待されています。
今回は、これからメディアでの露出が増えていくであろうAyumu Imazuについて深堀りしてみました♪
今まで日本に数少なかった、本格派ダンスのシンガーソングライターに注目です!

ニューヨーク留学の経験で培われたグローバルな才能

2000年生まれの21歳で、作曲から作詞、ダンスの振り付けまでを自分自身でこなすという才能豊かなAyumu Imazu。
6歳からダンスを始め、14歳には単身ニューヨークへ。
約3年半のアーティスト留学を経験したあと、アメリカと日本でシンガーソングライターの活動を開始しました。
パワフルかつ繊細な歌声と圧倒的なダンスのパフォーマンス、そして日本語と英語を使いこなすドラマチックなワードセンスが武器です。

 

マルチプレイヤーに憧れて…ブルーノ・マーズの影響

Ayumu Imazuの作詞や作曲、ダンスの振り付けのマルチな才能には、アメリカ歌手ブルーノ・マーズが影響を与えています。
Ayumu Imazuは13歳の時、「スーパーボウル」でブルーノ・マーズのパフォーマンスを見て大きな衝撃を受けました。
そこでは、ソロ歌手であるブルーノ・マーズが歌だけでなく、ドラム演奏やダンスをしていたのです。
このことが歌だけでなく、楽器の演奏やダンスなど音楽そのものを学ぶ、アーティスト留学への道を選ぶことにつながりました。

 

プロへのチャンスを掴む!ニューヨークでの武者修行

ニューヨークではオーディションを経て、プロへの登竜門「アマチュアナイト」に出場しています。
多くの観客の前でパフォーマンスする経験を積み、スキルと度胸を身に付けました。
またアポロシアターに立った経験から、客を楽しませるというだけでなく、自分にしかできない表現で、世界に思いを伝えられるアーティストになりたいと考えるようになります。

 

8月メジャーデビュー!スッキリに出演も

Ayumu Imazuは2021年8月13日にデジタルシングル「Juice」が配信され、メジャーデビューを果たしました。
その後はラジオ局J-WAVEの番組、SONAR TRAXに出演したり、「Rolling Stone Japan」にインタビュー記事が掲載されたりするなど、数多くのメディアで注目されています。
8月30日には朝の情報番組「スッキリ」で生歌披露し、圧倒的な歌唱力とスキルの高いダンスを見せつけました。
これからお茶の間でも認知度が高くなっていくことでしょう。

 

ダンス中に見せるクールな表情と、まだあどけなさが残る甘い笑顔のギャップが魅力的なAyumu Imazu。
ニューヨーク仕込みの本格的な歌とダンスで、日本に新たな風を運んでくれることでしょう。

2021年3月19日に第44回「日本アカデミー賞授賞式」が開催されました。
様々な作品がノミネートされていましたが、今回はどのような作品が受賞したのでしょうか?
今回受賞した中で注目されている作品や役者をご紹介します。

今までにない役を演じ受賞

最優秀作品賞に選出されたのは、草彅剛が主演を務める映画「ミッドナイトスワン」でした。
この作品には、厳しいオーディションをくぐり抜けた実力派俳優たちが勢揃いとなっています。
今回主演男優賞を受賞した草彅が演じたのは、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの主人公・凪沙です。
今までに演じたことのない役に苦戦しながらも、見事演じ切り受賞に至りました。

凪沙はある日、実の母親から育児放棄された一果という少女を預かることになります。
少女と出会った凪沙は次第に母性が芽生え始め、本当の母娘のような関係になっていくのです。
2人の運命が交錯しつつも、変化していくところがこの作品の見どころになっています。
豪華俳優陣を迎えたミッドナイトスワンをチェックしてみてください。

日本最高興行収入を更新したアニメ

最優秀賞アニメーション作品賞を受賞したのは、日本の最高興行収入の記録を塗り替えた、映画「鬼滅の刃 無限列車編」です。
また、話題賞の作品賞と最優秀音楽賞も受賞し、注目が集まりました。
子供だけではなく、大人からも絶大な人気を誇るこの作品は、コミックス・グッズ・アニメなども大ヒットしました。
2月14日にはアニメ、劇場版の続編で「遊郭編」がアニメ化することも発表され、再び注目が集まっている作品です。

期待の新星が受賞

今回は、6人の俳優・女優が新人俳優賞を受賞しました。
その中でも注目されているのが、最優秀主演女優賞を受賞した長澤まさみ主演の映画「MOTHER マザー」で息子役を演じた俳優の奥平大兼です。
芸能事務所からスカウトされ俳優という道を選んだ彼は、今回初めてオーディションを受け、映画「MOTHER マザー」への出演が決まりました。
演技未経験にも関わらず、映画の演出プロデューサーや脚本・監督などのプロを唸らせた彼の演技は、非常に多くの人々を惹き付けました。
また、出演者である長澤まさみや吉田羊も彼の演技、感情の表現力を絶賛しており、今後の活躍が期待できる新人俳優として話題になっています。

今回は、最優秀男優賞・最優秀アニメーション作品賞・新人賞をご紹介しました。
受賞した俳優や作品がこれからどのような活躍を見せてくれるのか、期待が高まります。