女優・有村架純と大相撲小結・明生が恋愛関係にあるという記事を、週刊誌が報道しました。
しかし、この記事を有村架純の事務所が否定し、さらに公式サイトで「事実無根」「法的措置を取る」と強く抗議しています。
なぜ若い女優の恋愛報道にここまで激怒しているのか、そして本当に熱愛ではなかったのか、詳しく調べてみましょう。

有村架純と明生の関係は?親方と事務所の付き合い

報道の記事によると、小結・明生の師匠である立浪親方と有村架純の事務所関係者が元々知り合いで、その2人に紹介される形で有村架純と明生は連絡先を交換することになったとされています。
そして連絡を取り合ううち、恋愛関係に発展したと週刊誌で報道されました。

有村架純の大ファン!明生のインタビュー

記事では、インタビュー取材の中で、明生はまだ会ったことはないと言いつつも、有村架純に対して「女優の中では一番キレイ」「雲の上の存在」と大ファンであることを公言しています。
さらに、記者から飛躍しすぎとも取れる「結婚」について聞かれると、明生は「ずっと好きだったので、結婚できたら本当にすごいことです」と照れていたそうです。

勝手な求愛発言?有村架純が怖がるラブコール

週刊誌のインタビュー取材で、明生が恋愛感情を素直に語ったことで、有村架純を怖がらせてしまったのではないかと言われています。
確かに、会ったこともない男性から、「夢に出てくる」「結婚できたら」などと言われたら少し怖さを感じてしまうでしょう。
これを察した有村架純の事務所が、彼女を守るために厳しい態度を取ったのかもしれません。

格が違う!?有村架純の事務所が怒ったもう1つの理由

紅白歌合戦の紅組司会を務めたことがあり、朝ドラでも主演を務めた経験のある有村架純に対して、世間の知名度がまだ低い小結・明生は、「無名の力士」と言えます。
有村架純の事務所は、国民的女優に成長している途中である所属女優と恋愛するには格が違うと判断したのではないでしょうか。
例えば、今回の報道が同じくらい活躍している人気俳優が相手だったとしたら、事務所もここまで強く抗議しなかったのかもしれません。

 

勝手に恋愛関係にあると報道された有村架純も気の毒ですが、純粋な恋心を記事にされ、相手の事務所からは猛抗議されるという明生も可愛そうですよね。
この辛い気持ちをバネに、明生はいつか誰もが認める大物力士になって、有村架純と事務所を見返すことができるのではないでしょうか。

女優・篠原涼子が、夫の俳優・市村正親と離婚を発表しました。
そして2人の子どもたちの親権は、父親である市村正親が持つということで、驚いた人も多いことでしょう。
この2人の離婚の理由として、今噂になっているのが篠原涼子の不倫です。
今回は、この不倫疑惑について詳しく調べてみることにしました。

韓国アイドルと不倫?年上夫を捨てて年下男に走った妻

週刊文春が報道した、篠原涼子と韓国の男性アイドル「SUPERNOVA」のグァンスの熱愛が離婚の原因では?と言われています。
記事によると、グァンスが来日するたびに篠原涼子と会っていて、日本にあるグァンスのマンションには篠原涼子も住み始めたとのことです。
お互いの左足首にはお揃いのアンクレットを付けているとの情報もありました。
記者の直撃質問には不倫関係を否定した篠原涼子とグァンスですが、友人関係であることは認めています。

子どもを溺愛しすぎた夫と、男として見れなくなった妻

長男と次男、2人の子どもを溺愛している市村正親は、妻・篠原涼子が女優業を優先した時も、1人で育児を積極的に行うなど、子煩悩な面が話題になることもありました。
これをきっかけに、妻は夫に対して「子どもの父親」というイメージがついてしまい、男として見れなくなったのでは?と言われています。
篠原涼子が男性の友人と夜遊びをしているという情報もあり、2016年には俳優・江口洋介と深夜のデートが噂されました。
まだ未成年の子ども2人の親権を、高齢で持病のある父親が持つという異例さも離婚の原因が妻・篠原涼子の不倫や夜遊びであると示唆しているのではないでしょうか。

仕事への影響は?不倫の代償

本当の理由は本人たちにしか分からないものの、篠原涼子の不倫報道から、「妻・篠原涼子が悪い」というイメージは拭えないでしょう。
この世間のイメージは、夫の市村正親は大物舞台俳優でありながら、子煩悩な一面もあるなど、妻に比べてマイナスイメージが少ないことも要因になっています。
では、この不倫疑惑が篠原涼子の仕事にどんな影響を及ぼすのでしょうか。
篠原涼子が所属する事務所は、芸能界の中でも大きな力を持つ事務所で、彼女の仕事も現在はドラマ・映画の女優業が主なものになっています。
そのため、あまり仕事が減ることはないのではないかと言われています。
ただ、篠原涼子は化粧品などのCMの仕事もしているので、その点については影響があるかもしれません。

 

最近、夫である俳優やタレントの不倫が話題になることが多くありましたが、「妻側の不倫」というスクープには驚かされましたね。
「自分は不倫なんてしない!」という男性も、綺麗な奥様にはお気をつけください♪

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」が8/17に解散しました。
宮迫の「闇営業」騒動から2年が経ち、コンビ復活に向けて準備中かと思われていたなかでの発表に驚いたファンもいたことでしょう。
今回はコンビ解散の背景についてまとめてみました。
人気お笑いコンビとして長年連れ添った2人に一体何があったのでしょうか?

アメトーークで発表!2年ぶりの共演

吉本興業YouTube公式チャンネル・ABEMA配信「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」でコンビの解散が発表されました。
2年ぶりの共演となった2人ですが、解散という残念な結果になってしまったことに涙を浮かべる場面もありました。
この番組で蛍原は、「解散は僕から切り出した」と話し、価値観や方向性の違いが理由と語っています。

宮迫の「闇営業」吉本興業からの契約解消

2人が解散した原因の1つに、宮迫が所属していた吉本興業を解雇されたことが考えられています。
事務所を通さない「闇営業」で、反社会的勢力と関わりを持ってしまったことから、宮迫は謹慎処分となりました。
その謹慎期間にYouTubeチャンネルを開設し、吉本興業に関する話を配信したことで事務所会長の逆鱗に触れ、ついには契約解消となってしまったのです。

宮迫に批判の声が殺到!番組での態度が物議をかもす

「アメトーーク」で解散を発表した際、真剣に話す蛍原に対し、先輩芸人の離婚の話を引き合いにしたり、ゲスト芸人をいじったりすることで笑いを取ろうとした宮迫の態度に、視聴者から批判のコメントが殺到しました。
同番組に出演した芸人仲間も涙を流すなか、笑顔で冗談を話す宮迫は、久しぶりにテレビ出演を果たして浮かれている印象に映ったのではないでしょうか。
自分の司会の実力を見せつけるような振る舞いに、周りの芸人や視聴者との温度差が浮き彫りになったのです。

宮迫がYouTubeで謝罪!なおも批判される結果に…

「アメトーーク」で解散を発表後、宮迫は自身のYouTubeチャンネルで改めて謝罪の動画を投稿しました。
このことに対して、「YouTubeが原因で契約解消、解散したのに、また動画で謝罪?」「蛍原の気持ちを考えろ」と批判的なコメントが殺到しました。
これにより、ますます宮迫がテレビに復帰するのが難しくなったと言えるでしょう。

 

騒動があっても、お互いを認め合いコンビ復活を願っていた雨上がり決死隊の2人ですが、再結成は叶いませんでした。
今後はそれぞれの魅力を活かし、自分に合った場所で活躍することをファンは期待しているのではないでしょうか。

最近では、メディアへのラッパーの露出が増えてきました。
音楽番組や、朝の情報番組などでもラッパーを見る機会があります。

様々なジャンルがある日本の音楽シーンでも欠かせない存在といっていいでしょう。
今回は、今をときめく大人気の若手ラッパーについてご紹介します。
ヒップホップファンも、そうでない人もぜひ注目してみてください!

変態紳士クラブ

変態紳士クラブは、DEEJAYのVIGORMAN(ビガーマン)、プロデューサートラックメイカーである、GeG(ジージ)、ラッパーのWILYWNKA(ウィリーウォンカ)による、それぞれのジャンルや役割が違う3人組です。
2017年に結成され、「すきにやる」は代表曲になりました。
最近では、「YOKAZE」が大ヒットし、若者を筆頭に様々な世代の人に聞かれています。
アーティストの一発撮りのパフォーマンスを撮ることで人気のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にも出演し、「YOKAZE」を歌ったことでさらに注目を浴びました。
今後さらに勢いを増していくであろう、変態紳士クラブの3人からは、目が離せません!

LEX

まだ10代という若さで、英語・日本語を自在に操る歌詞や音楽が若者に大人気の「LEX」。
若者の心情や、時代の気分をリアルに歌ったリリックが刺さります。
彼の生き方や、個性的なファッションが音楽にも現れています。
日本の音楽界を沸かせているLEXは、今後も注目すべきラッパーです。

kZm

東京都出身のラッパーで、多くの有名アーティストと共演している、今大注目のラッパーです。
YEN TOWNに所属し、個人でも活動しています。
kZmの特徴は、「ダミ声」、「メロディアスなラップ」です。
kZmの声は、1度聴いたらクセになるので要チェックです。
あらゆるジャンルを取り入れ、様々な有名アーティストとコラボレーションした、アルバム「DISTORTION」はぜひ聴いていただきたいです。

Yellow Bucks(イエローバックス)

岐阜県出身のラッパーであり、人気オーディション番組「ラップスタア誕生!」で優勝し、賞金300万を手にしたYellow Bucks。
ヒップホップファンから絶大な人気を誇るANARCHY(アナーキー)やAK-69からも絶賛されたラッパーです。
ヒップホップマナーに沿った正統派ラップは、ヒップホップを愛する方すべてに聴いてほしいです。
ラップのかっこよさと面白さを存分に感じれる楽曲なので、ぜひチェックしてみてください。

 

ここでは、今後ブレイクが期待されている若手ラッパーについてご紹介しました。
彼らの今後の活躍には目が離せません。
ぜひチェックしてみてください!